#241

234

日本海を見晴らすなだらかな福部砂丘は、鳥取砂丘の一部であり、鳥取の特産品である「砂丘らっきょう」の栽培地。鳥取に、らっきょうが伝来したのは江戸時代、参勤交代の付け人が持ち帰ったという説がありますが、本格的に栽培が行われるようになったのは、大正3年の頃。砂丘らっきょうの収穫は、日本海から吹きつける冬の風雪に耐え、春を過ごした5月から6月の頃。過酷な自然にたくましく育てられた砂丘らっきょうは、他所のらっきょうと比べて色白なのが特徴。砂丘らっきょうの畑は、強い空っ風が吹くうえ、70mともいわれる砂の層で、保水力・保肥力に乏しい土壌。この厳しい環境こそが、繊維を細かく身の締まりを良くしてくれて、シャキシャキとした食感の砂丘らっきょうに育ちます。
 
【アクセスについて】
●鳥取県鳥取市福部町

【WEBサイト】JA鳥取いなば 
tag_tanken tag_basho
 
 

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved