#142

234

戦国武将塙団右衛門の末裔家である櫻井家。住宅は国の重要文化財、県の有形文化財に指定されています。天保元年に銘鉄を作り出し、「鉄師頭取」の要職を拝命し広く地域内の鉄山業を総取り仕切りました。現存する建物で最も古いものは享保20年の建築。中でも松江藩7代藩主・松平不昧公をお迎えした部屋は他よりも一段高くなっており、人口滝が落ちる庭園が望めます。また隣接する可部屋集成館では、櫻井家に江戸時代から伝わる美術工芸品、歴史資料が展示されています。
 
櫻井家住宅・可部屋集成館
 
【アクセスについて】
●櫻井家住宅・可部屋集成館へのアクセス/ JR木次線出雲三成駅から車で約18分
●島根県仁多郡奥出雲町上阿井1655
【WEBサイト】たたらの文化遺産 可部屋集成館
tag_tanken tag_basho
 
 

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved