#102

234

びっくりするほど大粒で、ぷっくり丸々盛りあがっていて、食べるとぷりぷりで、おいしさだけがダイレクトに押し寄せてくる。それは、「海士のいわがき春香(はるか)」。日本の名水百選のひとつ「天川の水」が流れ込む保々見湾の清浄海域で、3年〜4年の間、じっくり大切に育てられいます。水揚げ時期は、旨味成分のイノシン酸やグルタミン酸が最も多くなる毎年3月〜5月の間。
 
【WEBサイト】海士のいわがき生産株式会社
tag_tanken tag_basyo

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved