#195

234

江戸時代の松江開府以降を見つめてきた樹齢350年以上の柿の木が今も、なお大きな実を付けています。
 
『天然の和菓子』とも言うべき、上品な甘さと黄金色の干し柿が並ぶ『柿のれん』は茶文化が発達した松江の初冬の風物詩です。
 
老舗高級果物専門店、東京『千疋屋総本店』御用達の直売所。
全国に、そして海外へと『干し柿』を通じて、松江の文化歴史を伝えています。
 
百市の干し柿
 
【アクセスについて】
●まる福農園へのアクセス/JR山陰本線揖屋駅より車で10分
●島根県松江市東出雲町上意東123

【facebookページ】まるふく農園 
いいもの