#141

234

花御所柿は天明年間(1781−1789年)に、郡家町「花」の農民・野田五郎助という人が現在の奈良県から「御所柿」の枝を持ち帰って、渋柿に接木したのが始まりといわれています。当時は「五郎助柿」とよばれていたようですが、「花」というところで作っている「御所柿」ということで「花御所柿」と呼ばれるようになったようです。この「花御所柿」は、八頭町の中でもごく一部の限られたところでしか品質の良いものが採れないとされています。その詳しい理由はわかっていない不思議な柿なのです。肉質はとても緻密で果汁が多く、糖度が20度以上の甘い品種。甘柿の中では最高とも言われ、とろけるような味が特徴的です。
 
花御所柿
 
【アクセスについて】
●鳥取県八頭郡八頭町
【WEBサイト】JA全農とっとり 
tag_tanken tag_basho
 
 

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved