#144

234

600を超えるという世界遺産・石見銀山遺跡の中で唯一、一般公開されている間歩(間歩とは鉱物採掘のための地下道)で通り抜けができます。正徳5年の開発で、他に永久間歩、大久保間歩、新切間歩、新横相間歩とともに代官所の直轄で「五か山」と呼ばれていました。間歩の長さは大久保間歩に次いで600mの長さ。内部はノミで掘った跡が当時のままの状態で残っており、貴重な作業の様子が実際に伺えます。
 
龍源寺間歩
 
【アクセスについて】
●龍源寺間歩へのアクセス/JR山陰本線仁万駅より車で石見銀銀山公園まで車で約10分、徒歩14分
●島根県大田市大森町イ1597-3

tag_tanken tag_basho
 
 

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved