市街地活性策に起用される
鉄筋彫刻20年

徳持耕一郎 隊員

芸術家

鳥取市出身
 
89年頃からジャズに魅せられ、ジャズをテーマにアート作品を製作。
93年から数年、ジャズ専門誌スイングジャーナル誌のイラストを製作。
独自の「鉄筋彫刻」を20年以上に渡って製作、日本各地、NYなどでも
個展を多数開催。室蘭、東京、横浜、神戸などのジャズフェスに関わり
展覧会開催。
 この数年でクラブ系音楽のJAZZTRONIKのCD、ディズニーとコラボの
CDジャケット、ミッキーマウス像も製作。竹内まりやさんとの出会い
から2013年には山下達郎像を製作。またジャンルの異なる書家・紫舟
が2014年に開催ルーブル美術館での展示にも製作協力、彼女は最高賞
を受賞した。
 4年前から地元の音楽家たちと「鳥取JAZZ」という音楽イベントを
街中で開催し、鳥取の活性化に努めている。
 現在は、鳥取市を拠点に、銅版画、針金彫刻なども含めた個展を全
国各地で年数回以上に渡って開催のため全国を旅することが多く、「鳥
取のよさ」をPRしている。ローカルな鳥取での創作活動こそ「オリジ
ナル」を生んでいく大きな要因だと信じて活動している。
 
WEBサイトはこちら>>