探県記 Vol.01

智頭町

(2014年・夏)

CHIZU-CHO

234

  • 阿部正昭 隊員

  • 小谷寛 隊員

  • 藤縄匡伸 隊員

  • 内山興
    初代キャプテン

吉野と北山に並ぶ林業地・鳥取県智頭町に、
淡い紅色に染まる杉を見に行く。

記念すべき「山陰いいもの探県隊」の第1回探県記は、わたし内山が汗をかきながら
行ってきた智頭町の巻です。智頭町は鳥取と岡山との県境に位置し、
「日本で最も美しい村」宣言をしたところ。その美しい景色を形作っているのが、
杉林なのです。杉といえば奈良県の吉野杉、京都の北山杉が有名ですが、智頭は
それらに並ぶ歴史ある林業地なんですよ。
みどりの風に吹かれているうちに、身もココロも爽やかな気分になってきます。

tanken_01-1

汗も引いたところてで、智頭杉の魅力を発掘する旅に出かけましょう。
訪れたのは、この町で 50 年以上の歴史をもつ家具屋さんの加工現場でした。

 

「冬が長いため年輪が分厚くしっかりしているのが特徴です。
そして伝統的な智頭林業は、若いうちに枝打ちを施す付加価値の高い丸太作りを
しています。また、まっすぐな木が多く、柾目に挽いても綺麗なストライプ
模様になります」と、現場のスタッフさん。
なるほど、手間を惜しまないから、こんなにも見事な杉が生まれるわけですね。
淡紅色に染まった心材の美しさにうっとりしながら、智頭の杉をなんとか探県隊で
商品化できないものか、と考えていたのでありました。

tanken_01-2

西日本随一の環境だとひそかに思っている
食事処で山菜のランチをいただく。

お昼ごはんは、森に包まれた茅葺きの民家を利用した「みたき園」さんで。
地元で採れた山菜料理をいただきながら、観光カリスマに選ばれた寺谷智頭町長様と
島根県(隠岐の島、島前)海士町の山内町長様と有意義な意見交換をすることができました。
険しくも美しい「地域活性化」に向け、いいもの探県隊だからこそできる山陰の
ネットワークをますます広げていきたいと感じました。

tanken_01-3

【アクセスについて】
●智頭町へのアクセス/ JR因美線で智頭駅下車
●みたき園へのアクセス/智頭町駅より車で約15分

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved