探県記 Vol.08

醸造文化

(2014年・冬)

BREWING CULTURE

234

  • 石原美和 隊員

  • 御秒奈々 隊員

  • 内山興
    初代キャプテン

神話に潜んだ真実。
島根の醸造蔵を訪ねてみました。

「古事記」では高天原からやってきた素戔嗚尊が
極悪非道な八岐大蛇を退治するため酒を造って飲ませ、酔いつぶしてから、征伐した。
その裏には山陰の高度な醸造文化が…
 
今回の探県記は「お酒」。
ということでSSI認定きき酒師であり、しまね地酒マイスター検定アドバイザーの
石原美和隊員と地酒に目がない御秒奈々隊員、私内山が巡ります。
photo9
蔵元、米田酒造。創業明治29年、代表銘柄は「豊の秋」。
五穀豊穣を祈り、芳醇なお酒が醸し出されますようにと命名されています。
先代の出雲杜氏と寝食をともにして、充分な修業を積んだ若き社員杜氏と
蔵人たちが、伝統の地酒を醸しています。
photo10
「すごい!」
「全米日本酒歓評会で『豊の秋 大吟醸斗びん取り』は2年連続金賞を受賞してるんです。
国内外で常に高い評価を得てるんですよ。」
酒樽を前に迫力に圧倒される御秒隊員に、優しく説明する石原隊員。
photo7
私自信も松江で地酒を飲んでから『地酒』というものの印象や捉え方が変わりました。
その土地の気温や湿度さらに歴史などが相まって、地酒を地元で飲むということは
素晴らしいことですし、何より旨いんですよね。
 
蔵では12月下旬に新酒が出来上がり、さらに寒さが厳しくなると吟醸酒を仕込み、
3月末には日本酒の仕込みが終了。
続いて、本みりん、出雲地伝酒の仕込みが始まり、蔵人たちの1年は忙しく活気に
あふれています。
photo11
米田酒造本店の試飲コーナーでテイスティングを楽しむこともできます。
「蔵元でルーツを探ってから飲むと一層美味しさを感じる事が出来ますよね」
「美味しい!!」
米田酒造本店の試飲コーナーでテイスティングを楽しむ御秒隊員。
「蔵元でルーツを探ってから飲むと一層美味しさを感じる事が出来ますよね」

決して譲れない、伝統製法のお醤油。

photo6
国産原料にこだわり、自然発酵にまかせた醤油造りは、コストも手間もかかります。
創業明治36年頃、標高260mの奥出雲仁多に森田醤油はあります。
国産丸大豆・国産小麦・天然塩を使用する無添加仕込みで
熟成に2年以上を費やして造る伝統製法のお醤油は、味わい深くてやさしくて、なにより
まろやかです。
 
かつて奥出雲地域で盛んであった日本古来の製鉄法「出雲たたら」。
灼熱の中で三日三晩不眠不休で働く職人たち(むらげ)は、失った水分や塩分を補うために
自ら醤油を造り、気力と体力を維持していたのだそう。
そんなたくましい歴史を背景にして名づけられた、自然塩醸造丸大豆醤油「むらげの醤」。
効率は求めない。手間ひまをかけ「自分の子供に食べさせたい商品造り」。
森田醤油のぶれない信念がそこにありました。
 
【アクセスについて】
●米田酒造(酒蔵)へのアクセス/JR松江駅から車で約4分
●島根県松江市南田町41
●森田醤油へのアクセス/JR木次線出雲三成駅から徒歩で約10分
●島根県仁多郡奥出雲町三成278
 

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved