#320

234

因州和紙は、その起源は少なくても千年以上前とされています。1990年、鳥取県産業技術センターの指導の下、谷口・青谷和紙株式会社が世界で初めて継ぎ目のない立体漉き和紙の技術を開発。プロダクトデザイナー・喜多俊之氏とのコラボレートから誕生した照明器具は、大きな反響を呼び海外展開へのきっかけにもなりました。日本の伝統文化でもある和紙をもっと知ってほしいと、温かな風合いを活かした封筒、便せん、色紙など、昔ながらの暮らしの中の和紙も作り続け、地元の「あおや和紙工房」などで販売されています。
谷口・青谷和紙
 
【アクセスについて】
●谷口・青谷和紙株式会社へのアクセス/JR青谷駅から車で10分
●鳥取市青谷町河原358-1
【WEBサイト】谷口・青谷和紙 
tag_tanken
 

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved