#294

234

「日本の夕日百選」にも指定される宍道湖の畔、山陰最大規模を誇る美術館。
常設展示として絵画、彫刻、工芸、写真など、各分野の優れた作品を収集。特に「水」を画題とする絵画などが数多く展示されることでも定評です。また「夕日の見える美術館」としても有名で、ロビーの西側をすべてガラス張りにし、夕日観賞のために一般開放。美術館の湖畔側にはたくさんのオブジェが展示され、写真撮影には絶好のロケーションを演出しています。特に2階の展望テラスと1階のロビーから見る夕日は必見。宍道湖を一望できるエントランスロビーからは、刻々と移り変わる宍道湖の表情が楽しめ、夕方になると美しい夕陽がロビーを黄金色に染め上げます。また、少し湖畔よりの芝生へと足を運ぶと縁結びスポットとしても人気の「宍道湖うさぎ」がお出迎えしてくれます。12匹の「宍道湖うさぎ」のうち、湖から2番目のウサギに西を向きながら触ると幸せが訪れるという噂が広まり女性ファンが急増中。シジミをお供えするとさらに効果がアップだそう。
 

【アクセスについて】
●島根県立美術館へのアクセス/JR松江駅より車で約12分
●〒690-0049島根県松江市袖師町1-5
【WEBサイト】島根県立美術館
 

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved