#277

234

伯耆守として十八万石を得て初代米子城主となった「中村一忠」公。この地域の石高に因んで作られたのが米子の銘菓「十八万石」。つぶ餡をそぼろ状の皮で包みあげ、胡桃をのせた歯ごたえの良い焼饅頭です。ごつごつとした見た目は、米子城の石垣を見立てたと言われています。作り方は先代が考案した昭和初期から一切変えておらず、釜土の直火で小豆を丁寧に炊きあげて作っています。手間暇をかけた変わらぬ美味しさで、米子のお土産として長年愛され続けているお饅頭です。
 
【アクセスについて】
●米仙堂へのアクセス/JR米子駅から車で10分
●鳥取県米子市上福原1465-2

【WEBサイト】米仙堂

 
 

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved