注目のヴィオラ奏者は
鳥取の魅力を深い音色で伝える。

生原幸太 隊員

ヴィオラ奏者

鳥取県北栄町出身。
 
5歳よりヴァイオリンを始める。早稲田大学在学中、ヴィオラの渋くて落ち着いた音色に魅せられ、音楽家として生きることを決意。周囲から惜しまれながらも大学を中退。愛知県立芸術大学音楽学部を卒業。
 
「歌」をベースにした味わい深い音色と、アンサンブルにおける抜群の安定感が各方面から高い評価を得ている、注目のヴィオラ奏者である。
2017年1月に3作目のCDをリリース。