探県記 Vol.141

アカリ ブリューイング

(2019年5月)

AKARI BREWING

234

  • 木内吾平キャプテン

鳥取市鹿野町の小さな醸造所が発売する
オリジナルビールが話題!
地元の生姜、カボス、柚子、桃を使用

 
喉を潤すビールが、おいしい初夏。昨年4月に酒税法が改正され、ビールに使える原料が増え、各地のクラフトビールがブームになっています。クラフトビールとは小規模な醸造所、いわゆる「マイクロブルワリー」で造られる職人技のビールのこと。醸造家の嗜好を反映して、オリジナリティのある味わいを追求できるのが一番の魅力です。山陰にも、個性的なクラフトビールを造る醸造所が増えています。その中の一つ、鳥取市鹿野町の「AKARI BREWING(アカリ ブリューイング)」を訪ねてみました。

 
AKARI BREWINGは、地元の20代〜30代を中心とした団体「あかり本願衆」が町おこしを目的に、2017年に設立したマイクロブルワリーです。オリジナルビール「ジンジャーブラウンエール」は、マイルドですっきりした味わい。鳥取市気高町産の「日光生姜」を熟成させて、まろやかな旨みを引き出してから副原料に使った人気の逸品です。

 
設立の翌年、醸造長に清部直樹さんを迎えてからは、鳥取市の農産物を副原料とする季節限定品が発売になりました。鹿野町のカボス、下段地区の柚子、神戸地区の桃・・・・。どれも近所の農家や知人などが栽培し、人のつながりから手に入った食材ばかり。農園の片隅で、昔から畑仕事を見守ってきた一本の古樹に実った柚子など、一つひとつに物語が秘められています。「ただ入れるだけでなく、副原料をどう表現するか、そこが一番難しいです」と言う清部さんから、地元の食材を大切にする思いが伝わってきます。

 
今年3月には、鹿野町の城跡公園に咲く桜から抽出した酵母を使って、フルーティーな味わいのサワービール「フレッシュ・サワーエール」も登場。この桜の酵母は、鳥取大学と共同開発されました。東京の全国物産展に出品したところ、驚くほど反響があったそうです。酸っぱさが特徴のサワービールは乳酸菌などで酸味を付けるのが一般的で、桜の酵母を使った独自製法がビールを楽しむ可能性を広げました。

 

売り切れになる味を生む奥の手は
副原料を入れるタイミング
ポップなラベルは地元の若者作

 
新進気鋭の醸造家、清部直樹さんは岐阜出身。そもそも、鳥取市でビール造りを始めたのは、なぜでしょうか。「鳥取は自然が豊かで食材もおいしく、県外に訴求できる商品を生める土地です。このままでは、もったいないと思ったのがきっかけでした」
清部さんは、勤務していたアパレル企業が鳥取市に出店することになり、そのマネージメントをするため5年前に移住。暮らしやすい鳥取が大好きになり、定住を決心されました。退職後、人口減少が止まらない日本では、農業が今後の強みになると考え、倉吉市の農業大学校に入学して猛勉強。その時、出会ったのが「あかり本願衆」の情熱あふれるメンバーでした。AKARI BREWINGの運営を打診されるようになり、「農業の6次産業化」という夢につながると心機一転。ビールの本や論文を読みあさり、製造法の研究と研修を開始。現在は、醸造長として忙しい毎日です。

 
醸造所の作業場を見せてもらいました。どこか草原を思わせる、ホップの香りがほんのりと漂っています。クラフトビール造りは、まず麦芽を粉砕。この細かく砕いた麦芽を温水で糖化、煮沸、ホップと副原料の仕込み、発酵と熟成、冷却、瓶詰めなどの工程を経て、約2週間で出荷となります。作業場では4つのタンクを活用し、1ヵ月に約1000リットルを醸造しています。

 
「大切なのは生姜などの副原料を入れるタイミング。煮過ぎると風味が飛んだり、えぐみが出たり、初めての食材は苦労します。最初の試飲は楽しみであり不安でもあり、思っていた以上に風味が出ると嬉しいですね」
 全ての作業工程をデジタル制御する大手メーカーと違い、設備規模の小さなマイクロブルワリーでの醸造は、毎回、一発勝負といえます。しかし、だからこそ時には思いも寄らぬおいしさが生まれ、飲む人だけでなく造り手にも大きな感動をもたらしてくれます。

 
「発注が多くて、生産量を増やすことが課題です」と手応えを感じる清部さん。すぐ売り切れてしまうので、スタッフを増員して作業効率を上げていくそうです。AKARI BREWINGの商品は、ポップなラベルも注目されています。これは地元、鹿野町の若者がデザインしたもの。「副原料の仕入れやラベル制作など、様々な場面で地域の方々に助けてもらっています。私たちが造るビールが、鳥取の地域色を出すツールの1つになればと思います」
今日、高まりを見せている日本のビール文化。その中でも、鳥取市鹿野町のクラフトビールからは目が離せません。

 
【アクセスについて】
●AKARI BREWINGへのアクセス/JR浜村駅から車で約9分
●鳥取県鳥取市鹿野町今市78番地
【WEBサイト】AKARI BREWING
 
 

Copyright © sanin-tanken.jp All Rights Reserved